動物病院の経営コンサルタントを入れる価値とは

2018年7月28日 (土)

カテゴリー : 

 

動物病院の経営コンサルタントを入れる価値とは

 

 

執筆者:株式会社船井総合研究所

動物病院ユニット

村田 悠一

 

今回は多くの動物病院の院長先生から聞かれる経営コンサルタントを入れる価値について、動物病院を専門に経営コンサルティングさせてもらっている村田がお伝えさせていただきます。

 

経営コンサルタントとは

 

動物病院に限らず、経営コンサルタントという職種は、経営に関わる意思決定のサポートや、世の中の流れに適した方向性にモチベートする職種のことを指します。

 

また、動物病院の院長先生が進みたい方向性への推進力を担保する機能もあります。

記事を執筆している私もそうですが、スタッフと院長先生の間に入って、動物病院の運営を推進しているものも経営コンサルタントかもしれません。

 

そういった意味でいうと、経営コンサルタントの仕事内容とは、未来を形作るためのサポートという意味が強いです。

 

ただ、未来を形作るといってもなかなか理解しづらいかと思います。そのため、動物病院専門の経営コンサルタントを雇う価値についてご紹介いたします。

 

 

 

経営コンサルタントを雇う価値とは

 

 

 

 

一般的に動物病院の院長先生が経営コンサルタントに相談する場合、何かに困っている場合か、今以上にスピード感を持って展開していきたい場合が多いです。

 

ただ、こういった院長先生の悩みや願望は定性的な問題です。そのため、もし今の段階で動物病院の経営コンサルタントをご検討されている方がおられる場合であれば、経営コンサルタントを雇う価値を明確にする必要があります。

 

経営コンサルタントを雇う価値とは、動物病院が開業したら成功とするのか。動物病院の売上が昨年度の1.3倍になったら良いのかなどです。

 

弊社もよく動物病院の院長先生からご相談を受けます。

そして、実際に私も100人以上の動物病院の院長先生とお会いさせてもらい、色々と情報をお伝えいたしました。

 

しかし、同じ情報をお伝えしても基本的には片方は成果が出て、院長先生も満足されますが、片方は全く成果が出ません。

 

では、その違いはなぜでしょうか。

 

実は成果の出る動物病院と成果の出ない動物病院の違いは一つです。

経営コンサルタントを雇う目的が明確でなく、院長先生自身が動物病院を前に進ませようと考えていないからです。

 

もし、今の段階で経営コンサルタントを雇い、動物病院の開業や、獣医師の採用の強化、動物看護師の育成、売上アップなど明確な目標・目的があるのであれば、まずは定量的にしてください。

 

そうしなければ、経営コンサルタントを雇うメリットも価値も院長先生自身が把握できないことになります。

 

 

 

経営コンサルタントを選ぶポイント

 

 

 

 

では、次に動物病院で経営コンサルタントをどのように選ぶべきなのかをお伝えします。

動物病院・獣医療業界にも多くの経営コンサルタントが存在しており、一人一人違う特性を持っております。

 

あくまでも私の主観ですので、ご了承ください。

 

 

まず、一つ目は、

どのくらいの実績があるのかどうかです。

 

当たり前ですが、経営コンサルタントを選ぶ際にどのくらいの実績があるのかどうかは重要です。

 

また、その実績がどのくらい最新なのかも重要です。

 

正直例えば、今の時代で動物病院の売上を伸ばそうとする場合

5年前の動物病院のマーケティング手法とは全く異なります。

 

そのため、5年前の実績は過去の栄光ではありますが、動物病院の経営コンサルタントの指標としては無価値です。

 

皆様が求める成果をどのくらいの確率で実行できるのか。

それを見極めてください。

 

では、二つ目もご紹介いたします。

 

 

 

二つ目は、どのくらい先行業種のノウハウを持っているかです。

 

正直、動物病院で売上や採用など成果を出そうと思うと、当たり前ですが、他の動物病院が取り組んでいないことに取り組む必要があります。

 

そうでないと、競争になりますので、成果は半減します。

これは当たり前ですよね。

 

そして、今までとこれからは動物病院を取り巻く環境が全く異なります。

 

そういった意味でも、先行業種のノウハウを豊富に持っており、動物病院業界でも異常値なほどの成果を出している経営コンサルタントを選んでいただけると間違い無いです。

 

経営コンサルタントと一緒に成果を出すために

 

 

 

 

動物病院で経営コンサルタントを選ぶ前に必要な考え方や、選び方は前の章でお伝えしました。

 

経営コンサルタントは経営のプロであり、動物病院を専門に経営コンサルティングしている人は、動物病院の経営でプロです。

 

ただ、経営コンサルタントを雇えば、安心なわけでは全くありません。

 

結局、動物病院の事業を院長先生が描く未来へと進めるためには、院長先生の行動が欠かせません。

 

本来経営コンサルタントとは、動物病院の院長先生が抱く夢に対して、実現するための期間の圧縮と成功確率の向上に寄与するものです。

 

そのためには、動物病院の院長先生の強い意志と行動が必要です。

 

もし、今の状況をスピード感を持って打破したいと思われている方がおられましたら、経営コンサルタントに一度相談してみることをお勧めいたします。

 

その際、必ず、動物病院業界での実績と先行業種のノウハウの有無を確認してくださいね!

 

皆様がますます発展することを祈念しております。

 

執筆者:株式会社船井総合研究所

動物病院ユニット

村田 悠一

 

 

 

 

 

<あなたにオススメの関連内容について>

 

 

 

 

 

 

その他関連するブログ内容も掲載しておきます。

気になる記事があれば、クリックしてください。

< 船井総研 動物病院ユニットのサービス紹介 >

 

 

 

コンサルタントに無料経営相談

 

 

最新ノウハウ満載の無料メールマガジン

 

 

船井総研の動物病院専門 経営セミナーのご紹介

 

 

船井総研の動物病院ユニットのコンサルティングサービスのご紹介

 

 

動物病院の院長先生が3ヶ月に1回集まる経営勉強会

 

 

コンサルタント紹介

 

 

< よく読まれている動物病院の院長先生向け 経営レポート >

 

 

 

動物病院業界の現状について

 

 

[動物病院版]合同説明会に向け準備すべきこと

 

 

動物病院の売上アップの考え方について

 

 

[東京都編] 動物病院の数(施設数)の推移【最新版】

 

 

動物病院 経営コンサルタントの種類と選び方

 

 

動物病院の売上に関する全ての情報

 

 

獣医師が内視鏡設備を有効活用するためのノウハウ

 

 

動物病院業界の業界動向・市場規模について

 

 


経営相談はこちら CONTACT

0120-958-270

お問い合わせ