獣医師 動物看護師の採用を成功させるための基本戦略

2018年7月14日 (土)

カテゴリー : 

獣医師 動物看護師の採用を成功させるために

 

 

 

執筆者:株式会社船井総合研究所

動物病院ユニット

村田 悠一

 

採用の基本戦略

 

採用を成功させるためには、採用の戦略を知る必要があります。獣医師の採用や動物看護師の採用、トリマー採用など動物病院の運営に採用は必ず大切になります。

そのため、動物病院の院長先生は、まず採用の基本戦略を押さえて、採用を成功させてください。

 

採用とは定着

 

獣医師の採用でも動物看護師の採用でも、トリマーの採用でも、根本的な考え方は同じです。

採用成功の秘訣は、動物病院の理念や方向性に共感する獣医師、動物看護師、トリマーを採用できるかどうかです。

 

動物病院の理念や方向性に共感する獣医師、動物看護師、トリマーを採用するためには、動物病院のスタッフ全員の中で、そもそもどういった人材が欲しいのかを動物病院の中で明確化し、言語化する必要があります。

 

それを行うのと、行わないのとで採用力は大きく変わりますので、是非皆様も実施してください。

実際、動物病院の院長先生から下記相談をよく受けます。

「スタッフの入れ替わりが激しい状態を改善したい」

「スタッフがなかなか自発的に動いてくれない」

「獣医師の採用を強化しているが、応募が全く来ない」

 

これらの相談は、全て組織に問題があります。

また、動物病院の理念や方向性に共感しない獣医師、動物看護師、トリマーを採用しても、結局応募者が早期に退職し、既存のスタッフへの負担が多くなる悪循環になる可能性もあります。

 

そういった悪循環を避けるためにも、できるだけスタッフを巻き込む形で採用を実施していただけますと幸いです。

 

採用を成功させるためのステップ1

 

 

では、ここから採用を強化するために具体的に取り組むべきことをお伝えします。

先ほどもお伝えしましたが、まず最初に行うことはどういった人材が欲しいのかを明確にすることです。

 

なぜ、そもそも採用を行う必要があるのか。

なぜ、今までのスタッフは辞めてしまったのか。

そこに関しては受け入れる側として改善できる部分はないのか。

最終的にどういった人であれば、動物病院で勤めてからも活躍できるのか。

 

上記の話を従業員全員と話し合い、採用計画に落とし込む必要があります。

まずはそこからです。

 

採用を成功させるためのステップ2

 

 

ステップ1でどういった人材が必要なのか明確に決めたあとは、具体的に効果的な媒体を選ぶ必要があります。

 

その際、動物病院が求人をしていることを求職者に知ってもらう対策と、是非応募したいなと思うための対策が必要になります。

 

多くの動物病院は、獣医師の対策としてポータルサイトの対策をしております。

実際、多くの動物病院の院長先生の対策は、費用対効果の悪い対策をされるいる場合がほとんどです。そういった背景もあるので、まずは私の方からポータルサイトの選定方法をお伝えします。

 

動物病院の院長先生の方でできる対策は、

 

「獣医師 求人 地域名」

 

で上位に表示されているサイトに投資を行うことです。

上記の対策を行う理由は、明確です。

求職者は、働く場所を選ぶ際多くの方がネットで検索して職場を探すからです。加えて、求職者は、上記キーワードで上位に表示されるサイトを長時間見る可能性が高いからです。

 

結果として、求職者の会員数の多い動物病院向けの求人サイトは、上記のキーワードでも検索順位が上位に表示されております。

そこに関して、基本的に判例はございません。

そのため、ポータルサイトを選ぶ際は、動物病院がある地域と上記検索キーワードで検索を行なってください。その中で上位に表示されるサイトで対策を実施していただければと思います。

 

ちなみに、現時点での上記の検索ワードの上位に表示されるサイトはindeedです。

indeedについて、詳しくは動画もありますので下記動画をご確認ください。

 

 

 

ここまでのまとめ

 

動物病院で採用の対策を行う場合、WEB上で対策を行う場合は

「獣医師 求人 地域」で検索した際に上位に表示されるサイトから対策を実施する。

 

ちなみに上記の対策のことを導線戦略といいます。ちなみに動物病院の魅力を伝えることは、受け皿戦略といいます。

 

動物病院の導線戦略には、プッシュ型とプル型があります。

プッシュ型は合同説明会、個別説明会であり、プル型は、アナログ媒体だと求人票、採用パンフレットなどです。

デジタル媒体だと、採用サイトやポータルサイト対策が導線戦略に当たります。

 

また、導線戦略でも受け皿戦略でも対策なことが一つあります。それは、求職者の不安を払拭してあげることです。

獣医師、動物看護師、トリマー、それぞれの職種で抱える不安は異なります。

大切なことは、各職種ごとで不安を払拭する内容を記載することです

 

そのために、まず求職者がどこにマイナス要素(不安)を抱えているのか把握する必要があります。そういった意味では採用活動とは、非常に地道な活動です。しかしこの地道な活動が出来るかどうがで、未来が大きく変わることも事実です。

 

獣医師、動物看護師、トリマーの採用を成功されるためには、動物病院の方向性にあう人材を獲得することが不可欠です。

そして、費用対効果のあう求人媒体に投資をしていただければと思います。

 


経営相談はこちら CONTACT

0120-958-270

お問い合わせ