動物病院の経営課題への対処法について

2018年5月2日 (水)

カテゴリー : 

 

 

執筆者:株式会社船井総合研究所

動物病院ユニット 村田 悠一

 

動物病院の経営で課題に直面した時の対処法

 

 

 

原点を振り返る

 

 

 

最近、本当によくお世話になっている院長以外の方にもお会いさせて頂く機会が少し増えております。

 

その中で多くお話を聞くのが、どういう方向性で進むのが良いのか。

組織はトップで99%決まるので、方向性は外部要因よりも内部要因で決めていただきたいです。

 

 

自分がどのような動物病院を、組織を、経営スタイルを求めているのか。

 

是非近江商人の3方よしの考えで実践していただければと思います。

 

ちなみに三方良しとは、

①売り手良し

②買い手良し

③世間良し

ちなみに上記の③つですが、

 

実は行うべき順番があります。

 

まずは

売り手、すなわち貴院で働くスタッフや、会社の規模、キャッシュなどにとって、良いことを行なってください。

 

次は、

飼い主様です。飼い主様が喜ぶサービスを行なってください。

 

そして、

買い手良しも一定水準以上になっていると思った際は

ぜひ動物病院業界、日本にとって、良いことを行なってください。

 

 

 

山本五十六氏から学ぶ組織活性化戦略

 

 

 

 

 

また、偉人から学ぶこともできます。

 

元帥海軍大将の山本五十六氏から学びたいと思います。

山本五十六氏といえば、組織論を唱えた人で有名ですが、

今の人材育成において、彼の言葉が一つのヒントになるかもしれないです。

 

生産性を向上させて、最終的には競争市場においても生き残る組織を作るにあたり、人材育成は必ず必要になります。

売上規模によって、院長の悩みは変わりますが、売上が1億円を超え、次のステージに上がるに従って、

スタッフの早期戦力化、育成は避けては通れません。

 

 

まずはスタッフにどのように動いてもらうかは常に考える必要があるかもしれないですね。

 

 

人を動かすために山本五十六氏は

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。

という言葉を残しています。

 

 

例えば、BT、FTなどVTでもできる仕事は

まずやってみて、言って聞かせて、させてみせ、褒めてみることをやってみると良いかもしれません。

スタッフが動いてくれる組織になると、売上をあげる上での行動の効果も違ってきます。

 

 

(分析:再来率がどれくらいなのか 活動:スタッフからの啓蒙活動をどのタイミングで行うかなど)

スタッフが自発的に動いてくれる組織が

競争市場において、生き残ることができるのです。

 

 

相手の価値観に合わせる

 

 

 

 

相手の価値観に合わせて話をすることは非常に重要です。

一つの取り組みにしても責任者がどのような結果を望んでいるのか。

 

方向性を共有した上で、進めていけるのが良いですね。

参考までに類人猿分析のURLを共有いたします。

 

 

http://shikawo.com/seikaku-ruijinen/

 

 

相手がどういった価値観をお持ちなのか。

相手の価値観というフィルターに合わせて話をする重要性を痛感しました。

 

 

 

マンダラート発想法を活用して組織戦略を

 

 

マンダラート発想法をご存知でしょうか。

これは現在日本ハムの大谷翔平選手が高校生の時に実践していた思考法です。

 

 

詳細は下記リンクを見ていただきたいのですが、このマンダラート発想法のミソは、

①いつ

②どこで

を決めることです。

 

 

是非皆様も一度今後の方向性を振り返ってみてください。

そして、整理したことを必ず実行できるように見える場所に掲載してください。

実行することに価値があるんです。

 

 

 

 

<あなたにオススメの関連内容について>

 

 

 

 

 

 

その他関連するブログ内容も掲載しておきます。

気になる記事があれば、クリックしてください。

 

 

 

お問い合わせ

 

 

最新ノウハウ満載の無料メールマガジン

 

 

セミナーのご紹介

 

 

サービス紹介

 

 

動物病院の院長先生が3ヶ月に1回集まる経営勉強会

 

 

コンサルタント紹介

 

 

動物病院業界の現状について

 

 

[動物病院版]合同説明会に向け準備すべきこと

 

 

動物病院の売上アップの考え方について

 

 

[東京都編] 動物病院の数(施設数)の推移【最新版】

 

 

動物病院 経営コンサルタントの種類と選び方

 

 

動物病院の売上に関する全ての情報

 

 


経営相談はこちら CONTACT

0120-958-270

お問い合わせ