動物病院の外来の増やし方

2017年4月25日 (火)

カテゴリー : 

「MEO」という言葉

 

 

執筆者:船井総研 動物病院ユニット 村田 悠一

 

 

 

外来を増やすためには、MEOを強化する

 

 

皆様は「MEO」という言葉をご存知でしょうか?
Map Engine Optimizationの略になります。

実はMEO対策って、今のうちにしておいた方が良いんです!

昔(10~5年前)は動物病院の新患(飼い主様)のうち、50%の方はが友人知人の紹介、20%がHPでの来院でした。

しかし、時代とともに皆様の習慣も変わっていきます。
今では新患のうち、50%はHP、20%が友人知人の紹介の時代です。

なぜそのようになったのか。
それには、ペットのあり方などの変化が挙げられます。

今やペットはコンパニオンアニマルと言われるほど、
家族と密接に関わる存在となっています。

今はハリネズミブームですが、
犬でも人気なのは
基本的に室内で飼える、飼いやすい小型犬が人気なのもそういったことがあります。

(トイ・プードル
チワワ
MIX犬(体重10kg未満)
柴犬
ミニチュア・ダックスフンド
ポメラニアン
ミニチュア・シュナウザー
ヨークシャー・テリア
シー・ズー
マルチーズ
フレンチ・ブルドッグ)

※アニコム保険2016年度人気の犬種ランキング参照

話が長くなりましたが、
飼い主はスマホを使って、動物病院を検索する習慣があります。
※年齢と、地方によって違いあり。

では、新規の飼い主がどのように動物病院を検索するかというと、
基本的に「(自分が住んでいる)地域 + 動物病院」です。

検索媒体は、
ヤフーかグーグルのどちらかかを利用する人が96%という状況がありますので、検索媒体への対策は今後必須になります!

そこで簡単に出来て、地域差はあるものの、ある一定の効果を得られる方法として、MEO対策があるのです。

MEOとは、
グーグルで「地域名+動物病院」で検索される時に
グーグルのテキスト広告の下に表示される地図になります

例えば、
「京都市 動物病院」
と検索すると、
添付画像のように表示されます。

こちらを対策できると、、
クリックして、自院のHPに流入される方が増えるので、
新患対策につながるという話です。

ざっくりと話すとこんな感じです。
MEO対策として具体的にどのようなことをすればよいのかは
また後日お伝えしますね!

本日もありがとうございました

 

 

 

<あなたにオススメの関連内容について>

 

 

 

 

 

 

その他関連するブログ内容も掲載しておきます。

気になる記事があれば、クリックしてください。

 

 

 

お問い合わせ

 

 

最新ノウハウ満載の無料メールマガジン

 

 

セミナーのご紹介

 

 

サービス紹介

 

 

動物病院の院長先生が3ヶ月に1回集まる経営勉強会

 

 

コンサルタント紹介

 

 

動物病院業界の現状について

 

 

[動物病院版]合同説明会に向け準備すべきこと

 

 

動物病院の売上アップの考え方について

 

 

[東京都編] 動物病院の数(施設数)の推移【最新版】

 

 

動物病院 経営コンサルタントの種類と選び方

 

 

動物病院の売上に関する全ての情報

 

 

 

 


経営相談はこちら CONTACT

0120-958-270

お問い合わせ