ペットビジネスを繁盛させる 経営者のためのメールマガジン’19年6月9日号

2019年9月25日 (水)

カテゴリー : 

船井総研の金子男也です。

世の中、働き方改革が進んでいます。

目立ったところでは、コンビニ業界。

省人化や効率化が進み、

24時間営業の見直しも検討されています。

セブンイレブンでは、省人化・効率化を進め、

約7時間の店舗作業時間を削減しようとしています。

そして、24時間営業をどうすべきか、

7時~23時、6時~24時、5時~翌1時の3つの時間帯で

実験しています。

ファミリーマートでも、約250億円が投資され、

省人化・効率化を図り、

約5時間の店舗作業時間を削減する計画です。

24時間営業に関しては、

7時~23時、5時~24時、5時~翌1時の3つの時間帯で

実験しています。

このような展開は、コンビニだけではありません。

全国のあらゆる現場で起きています。

弊社船井総研でも、ほぼ定時に退社する風潮になっております。

ズームやチャットの使用頻度が上がり、

会議や打ち合わせの効率化も進められています。

定時前になると、オフィスに大音量で

退社を促す音楽とアナウンスが流れます。

最近は、土日や深夜のメールもNGになっています。

クライアントの皆様は、

「そういえば最近、深夜にメールが来ることはないなぁ・・・」と

ご実感があるかと思いますが、

決して私どもが怠けているわけではございません(笑)。

いろいろと課題はありますが、

弊社船井総研でも働き方改革を推進しております。

ご存知かと思いますが、

有給休暇10日以上の保有者に対し、

5日以上の付与が本年4月から義務化されました。

また、残業時間の上限は、原則的に

月45時間・年360時間となりました。

(中小企業の場合は、残業時間の件は来年の4月からです。)

上記に違反した場合は、

6か月以下の懲役または30万円以下の罰金という罰則も…。

このようなルール変更に適応するためには、

従来通りの働き方を根本的に見直す必要があります。

法令遵守し、採用→育成→定着を安定させ、

“ザ・昭和”を卒業しなければなりません。

ただし、それだけだったら、

労務費が嵩んで収益性を圧迫し、

いろんな影響が出てしまいます。

法令遵守しつつも、

経営者は経営者の視点で業務効率を高め、

時間当たりの生産性を高める必要があります。

残業をせずに業績2桁成長を実現し、

適切な利益を確保しなければ、

企業は存続し難くなるでしょう。

残業時間の件が中小企業に該当する来年4月までの猶予は、

すでに10か月を切っています。

可及的速やかに、“働き方改革”を推し進めなければなりません。

さて、どうしたものか・・・。

お忙しい経営者が短期間で経営をバージョンアップするには、

上手に経営している企業に学び、

ベンチマーキングすることです。

例えば、こんな事例があります。

私の北海道のクライアントに、

ザ・野戦病院のようだった動物病院があります。

4~5年前は、バタバタと忙しくて長時間労働の病院でした。

コンサルティングを重ねた結果、

労働時間をどうにか15%削減して、穏やかな労働環境になりました。

そのうえで、もちろん業績アップもして参りました。

まるで、オペレーションのブレーキを踏みながら、

同時にアクセルを踏んでいるような感覚の経営です。

どうにか経営をバージョンアップさせたことで、

業績を30%アップすることができました。

労働時間を15%削減して、業績を30%上げる。

一体、どのように経営をバージョンアップしたのでしょう?

箇条書きにすると、

・予約システムの見直し

・診察時間の変更

・育成方法の改善

・採用方法の改善

・オペレーションの省人化、効率化

・オペ室への投資

・休診日の変更

などですが、

本メルマガの限られた文字数では

経営のバージョンアップの内容をなかなかお伝え出来ませんので、

コチラ↓に概要をまとめてあります。

http://www.funai-animal.com/seminar2/042185_lp/

これは、7月に開催予定の、私の最新セミナーです。

その北海道の動物病院の院長と動物看護師長をゲスト講師に、

彼らが4~5年かかったことを1日で学んで頂きます。

ご興味があれば、どうぞ。

これからの時流に合った“働き方改革”は、

コンビニでもコンサル会社でも動物病院でも、

業種を問わず、日本全国待ったなしです。

来年4月からは中小企業にも適用されます。

予防シーズンが終わった夏~冬にかけて、

実践・導入いただければタイムリーでしょう。

読者諸賢の益々のご繁盛をお祈りします。

ご愛読、感謝です。


経営相談はこちら CONTACT

0120-958-270

お問い合わせ